債務整理の費用を安くする唯一の方法とは

債務整理の方法

債務整理の費用を安くする唯一の方法を解説します

債務整理の費用の考え方として、任意整理の場合、着手金や減額報酬、過払い金を返還する場合はその成功報酬など内容によって支払うお金が増えたりします。

特に支払い費用の割合として大きくなりがちなのは、ではお金の借り先の数、つまり債権者の数に応じて1件あたり3万円~5万円弱の「着手金」が設定されており、お金の借り先の金融業者が多ければ多いほど任意整理にかかる費用が高くなってきます。

多重債務の方の場合、3件~5件以上の貸金業者から借りていることが多いので、単純に20万円近くも費用がかかってきます。

それに加えて、交渉の結果、借金が少なくなったとしても任意整理の費用に20万円も使ってしまうと債務整理の意味があったのかと考えさせられます。

ですので、借金問題を解決するにしてもできるだけ費用を安く抑えることはお金がない状況では重要なことですので、同じような債務整理結果となるなら安い料金の事務所を選びたいのが本音でしょう。

債務整理の費用は事務所によって様々な料金体系が設定されている

実は債務整理にかかる費用、特に任意整理や自己破産、特定調停や個人民事再生ではだいたいの相場観はあるものの、事務所によって費用はまちまちで全く同じ料金となるような事務所はあまりありません。

近い金額を設定しているところは多いですが、全く同じになるようなことはありません。

ですので、できるだけ安く債務整理を行うことで手元に残るお金が多くなり、今後の生活にも影響しますので安く抑えていきたいところです。

当サイトでは債務整理の費用相場を掲載していますが、特におすすめしている全国対応の事務所では全国の平均費用と比較して着手金や減額報酬の割合が低くなっているので安く抑えられる事務所を見つけることが可能です。

少し面倒ではありますが、事務所選びの一つのポイントとして費用面で比較してご自身がお金を借りた業者の数、債権者数と借りた金額などを踏まえできるだけ安い費用で債務整理が行える場所を比較していくことが重要です。

弁護士や司法書士に支払うお金がないなら法テラスの利用を検討しよう

借金の返済が難しいから債務整理をするのであって、弁護士や司法書士に支払う費用負担がつらいという方は多くいらっしゃいます。

特に収入が低い方がカードローンやクレジットカードでキャッシングをして返せなくなったような場合、そもそもお金がないので債務整理の依頼すらできないというケースです。

そのような場合は国が運営する「法テラス」を利用することをおすすめします。

法テラスは公的な支援制度である「民事法律扶助制度」というものが利用でき、収入や資産が少ない方向けに弁護士費用などを立て替えしてくれる制度です。

あくまで立て替えなので弁護士などへ支払う費用が用意できない方は一旦立替をしますが、分割しつつも返済は行います。

ただし、減額報酬など一部の報酬は払う必要がなくなるなど費用そのものを安く抑えることも可能なので法テラスの利用条件に合えば利用したほうが良いでしょう。

関連記事

  1. 債務整理

    任意整理で借金の負担が軽くなった3つの成功事例を紹介

  2. 自己破産で借金免責が認められないこともある

    自己破産で借金帳消しにならないケースとは?相談前の注意点

  3. 債務整理

    任意整理で減額交渉がまとまる期間ってどれくらい?