任意整理で減額交渉がまとまる期間ってどれくらい?

債務整理

借金の相談をしてから借金が減額されるまでの期間とは?

債務整理の手段の一つとして任意整理がありますが、任意整理によって借金が減額されるまでどれくらいの時間がかかるのでしょうか。

収入に対して返済による支払いが多くて家計が自転車操業となっている状況においてはすぐにでも借金を減額、毎月の返済額を下げたいところです。

特に多重債務に陥っている方ならなおさら早く解決したい、そのための任意整理についてはスピードも重要となってきます。

任意整理は基本的に”受任”となった時点が解決ではなく、返済は継続し完済するまで完全な解決とはなりません。

まずは減額交渉をスピーディにまとめてもらうことが事務所としての仕事で、その後は計画通りに返済を進めていくことが相談者にとって求められることです。

そのためにも、減額交渉がまとまるまでどれくらいの時間を要するのかは事前に把握しておきたいところです。

任意整理お減額交渉がまとまるまでの期間

一般的に、

初めて電話で法律事務所や司法書士事務所に相談をしてから任意整理の減額交渉がまとまるまで平均して1ヶ月程度要します。

ですので、通常、毎月の1回の返済は行う必要がでてきます。

相談すればすぐに翌月から減額されて返済額が少なくなるということではありません。

このあたりは闇金の考え方とは異なりますし、相手の貸金の事業を行っていますので基本的に簡単にまとまる話ではありません。

とはいえ、大手のカードローンや消費者金融においてはお金を貸している人も多く、この手の任意整理による事務所からの問い合わせも多いのである程度システマチックに”減額可能な枠”を定めており、この割合なら受けられるという形で交渉を行っています。

ある意味で事務所の役割ってなんだろう?と思われがちですが、長い期間金融業者とのやりとりをされているからこそスピーディに解決できることですので任意整理は専門家にお願いして事務所に任せるほうが良いでしょう。

相談する事務所や借り先の金融業者によって交渉期間は異なる

全国に弁護士や司法書士は山程おりますので、事務所や先生によっては交渉期間はどうしても異なってきます。

債務整理の相談をこれまでほとんどやっていなかったような法律事務所や司法書士事務所においては手慣れている事務所より時間がかかるかもしれません。

また、どこの銀行カードローンや消費者金融からお金を借りているかによっても交渉がまとまるまでの時間は異なってきます。

大手のアコムやプロミスなど場合は比較的早いですが、銀行系などは時間がかかるケースもあります。

早ければ1ヶ月で減額交渉がまとまることもあれば、2ヶ月弱くらいかかることもあるので、複数の金融業者からお金を借りている場合は一部の業者は減額できたけど、一部は時間がかかっているということもありえます。

ですので、何回かは減額交渉前の返済をし続ける必要がありますので注意が必要です。

任意整理ですぐに解決、次回の返済から”借金減額”というわけにはいきませんので事務所への相談前にどれくらいの期間を要する可能性があるか確認しておきましょう。

関連記事

  1. 自己破産で借金免責が認められないこともある

    自己破産で借金帳消しにならないケースとは?相談前の注意点

  2. 債務整理

    任意整理で借金の負担が軽くなった3つの成功事例を紹介

  3. 債務整理の方法

    債務整理の費用を安くする唯一の方法とは