任意整理で必要となる費用の相場は?費用を安く抑えるポイント

任意整理の相場

借金の返済が苦しい、任意整理したいけどそもそもお金がない・・・。
どのくらい任意整理にお金がかかるの?

ということで任意整理の相場と任意整理の費用を安く抑える方法をお伝えします。

任意整理の相場

任意整理にかかる費用は、大きくあげると以下の3つがあり、それぞれの相場は以下のとおりです。以下は税別料金です。

相談料 無料~5,000円
着手金 1万円~3万円程度(債権者1社あたり)
※無料としている事務所も多数あり
基本報酬 2万円~4万円程度(債権者1社あたり)
減額報酬 減額できた金額に対して10%~
諸経費 不要~数千円(債権者1社あたり)
過払い金報酬 過払い金返還できた金額に対して20%前後
※訴訟の場合は25%
※過払い金がある場合のみに適用
その他 出張交通費 1万円~実費
弁護士・司法書士 日当 1時間1万円~
代理弁済送金手数料 1,000円(債権者1社あたり)

任意整理の相場として以上の内容がだいたい料金体系ですが、事務所によってかなり違いがあります。

以上の相場をご覧いただくと、お金の借り先企業、つまり債権者1社に対して和解交渉の任意整理を行うと少なくても4万円以上は必要となります。

大手の法律事務所、司法書士事務所だと債権者1社あたりでも7万円程度かかる場合があります。

あくまでお金の借り先企業が1社あたりということなので、クレジットカードも銀行カードローンも含め、全部で何社かから借りているような状況だと、上記の金額の2倍、3倍とかかってきてしまいます。

ポイントとしてお金の借り先、債権者数に費用は大きく左右されることが言えます。

任意整理の費用を安く抑える2つの方法

任意整理安くすませたい

上記の内容から、任意整理の依頼前にできる、費用を安く抑える方法は以下の2つとなります。

  • 着手金がない事務所を選ぶ(あっても安いところを探す)
  • 借り入れが残りわずかな金融業者を完済しておく(金融業者の数を減らす)

着手金は不要としている事務所が最近増えてきましたので着手金不要の事務所を選ぶだけでもかなり安く抑えることができます。

とはいえ、その分基本報酬に組み込まれていることがあるので、基本報酬もきちんと確認することが重要です。

その他、ポイントとなるのは来所できない場合の弁護士の‘出張費(交通費)’。東京ロータス法律事務所では(基本的には来所する必要がありますが)全国1万円で対応しているところもあれば、実費で精算するちょっと前の考え方の事務所もあります。

また広告費をかけていないから上乗せせず…と聞き慣れた宣伝も目にしますが、そういった事務所は規模がちいさく、例えば交通費の考え方が実費精算のケースも出てきますので、丁寧に確認する必要があります。

そして実績が多い事務所はスムーズで安心できますが、その分スタッフをかかえておりますので、当然、経費は上乗せされますが、他の案件で売上げを期待できることからして、一眼に高いとは言い切れません。

140万以下の借り入れ総額の場合、一般的な相場は司法書士のほうが安めとなっていますので、1つの目安となります。

任意整理を安い費用で行える事務所とは?

当サイトでは全国の法律事務所、司法書士事務所を比較して紹介しています。

最寄りの地域でも当サイトで検索して弁護士や司法書士を探していただくことができますが、出張や交通費がかかったとしても任意整理の費用が安い事務所を選択すれば総合的に安く任意整理を行うことが可能です。

任意整理の費用が安い事務所は下記のページで紹介していますのでご覧ください。

 

関連記事

  1. 弁護士・法律事務所・司法書士事務所

    稚内ひまわり基金法律事務所 | 北海道 | 特徴・評判

  2. リボ払い

    リボ払いは借金と同じ?!リボ払いを終わらせる3つの方法

  3. 弁護士・法律事務所・司法書士事務所

    山本司法書士事務所 | 北海道 | 特徴・評判

  4. 弁護士・法律事務所・司法書士事務所

    泉秀夫司法書士事務所 | 特徴・評判

  5. 杉山事務所

    司法書士法人 杉山事務所 広島事務所 | 広島県 | 特徴・評判

  6. 中央事務所

    中央事務所 九州博多支店 | 福岡県 | 特徴・評判