ブラックリストとは?正しく理解すれば心配無用

ブラックリストとは

債務整理におけるブラックリストとは?

よく耳にする‘ブラックリスト’ですが、一体、どこにどんな情報が登録されていることを意味するのでしょうか?

クレジットカードをつくる、ローンを組むときに誰しも‘信用情報機構’に登録がされます。日本には複数の

そして支払いが滞ったり、破産してしまうと、こちらに【事故情報(ネガティブ情報)】としてフラグがたってしまうのです。

‘ブラックリストに登録される‘とはこの事象のことを意味します。

そして任意整理を行うと、残念ながら‘ブラックリストに登録される’ことになります。

ブラックリストに登録されると、以後5~7年、借り入れができなくなります。

住宅や自動車といった大きな買い物もローンでの支払いが難しくなるため、工夫を強いられます。

お金を貸す貸金業者や銀行などは共用している信用情報機関のデータベースにアクセスして、本当にその人にお金を貸しても大丈夫かチェックしますが、そこで登録がなされているか確認することで借り手について信用を確認し、貸しても良いかどうかを判断しています。

これがブラックリストです。

ブラックリストに掲載される内容

主に以下の内容はブラックリスト(信用情報機関)に登録されます。

信用情報機構にアクセスできる貸金業者、銀行などはリアルタイムに更新される情報を逐次チェックすることができます。

  • 契約内容
    • お金を借りた会社名
    • 契約日
    • 借入金額
    • 借り入れの形態
    • 返済回数
    • 返済予定期間
  • 返済状況
    • 毎月の返済金額
    • 遅延の有無
  • 割賦情報
  • 残高
    • キャッシング可能残高

信用情報機関の種類

日本には大きく分けて以下の信用情報機関があり、貸金業者はこれらを逐次確認しています。

信用情報機関は個人信用情報の収集と提供を行う機関で、日本には3社あります。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
    • 銀行系クレジットカード、住宅ローン、企業融資に関係する情報を管理
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
    • 主に信販系クレジットカードに関係する情報を管理
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
    • 全国信用情報センター連合会が前身で契約情報や破産、延滞などの情報を管理

これらの3社が管理するデータを確認しながら、借り手の信用に問題ないか確認していきます。

ブラックリストのデメリットは?

上記でも少し触れましたが、ブラックリストのデメリットをあげておきます。

  • 一定期間(7年弱)カードローン・キャッシングを利用してお金を借りられない
  • 担保ローン(自動車、住宅ローン)、クレジットカードの利用不可

よくブラックリストに載ると仕事や会社に影響するなどという噂があるようですが、通常、信用情報機関にアクセスできる事業体は限られるので影響はありません。

基本的な考え方としては、どのようなパターンでもお金を借りられないというのが大きなデメリットです。

ブラックリストに載ってしまう条件

ブラックリストに載ってしまう条件は、自己破産や任意整理を行ったときにブラックリストに載ってしまいます。

返済が遅れた程度ではブラックリストには載りませんが、貸金業者のデータベース内で記録はされますのでできれば避けましょう。

なお、ブラックリストに載った後、任意整理中に返済遅延となった場合は、ブラックリスト掲載期間が延長されるなどのペナルティが課せられます。

ブラックリストに載ることでメリットもある

ここまでデメリットをいくつかあげて説明しましたが、逆にメリットはあるのでしょうか?

実はブラックリストに載ることによるご自身へのメリットがあります。

一番のメリットとしては「不要な借金ができない」ことがあげられます。

デメリットの裏返しでカードローンやクレジットカードによるキャッシング等の借金は強制的ににできないことになるので、今まで簡単に考えてしまっていた借り入れをすることがなくなります。

要は、このブラックリストに載っている間は、ご自身の生活を見つめ直すなどして正しい経済サイクルに戻しましょう、という意味があります。

しっかり収入と支出を管理することを改めることができるので、将来の生活基盤を整え直すことが可能になります。

もちろん、銀行口座が作れないといったデメリットはなく、現金は利用できますので普段の生活に大きな支障はありません。

ブラックリストを解除する方法

ブラックリストを解除するにはどうすれば良いでしょうか。

ブラックリストは原則、5年~7年程度で解除されます。

ご自身で解除されたかどうかは信用情報機関に対して信用情報の請求(有料)を行うことで確認できます。

ブラックリストを早く解除する方法はありませんので、とにかく任意整理や個人再生の場合は滞ることなく完済すること、自己破産の場合は時間が経てば解除されます。

【まとめ】ブラックリストは大きな問題にならないので心配無用

上記したようにブラックリストはお金を借りて返すときに問題となった情報を事細かく管理・登録したものです。

要するに、その人にお金を貸して良いかということを判断する材料であって、ブラックリストに載ってしまった人の生活に大きな支障はありません。

お金を借りられないというデメリットはありますが、時間が経てばブラックリストは解除されます。

任意整理や自己破産でブラックリストに載るから辞めようという考えもあるようですが、会社や仕事に影響はありませんし、他人に知られることはありません。

ブラックリストに載ったとしても、まずは今の借金苦の状況から抜け出して数年後、再起するように努力することが先決です。

ブラックリストについては当サイトで紹介する弁護士や司法書士の先生に詳しく聞くことができますので、まずは相談してみることをおすすめします。

借金のお悩み、クレジットカードの支払い(リボ払い含む)、債務整理(過払い金請求を含む任意整理、自己破産、個人再生)のお問い合わせは以下の電話番号で受け付けております。(※スマートフォン、携帯電話をご利用の方は下の電話番号または画像をクリックして発信ボタンを押すと電話がかかります)

お問い合わせ借金相談フリーダイヤル:
0120-132-046

全国対応のイストワール法律事務所が相談対応させていただきます。

目的別おすすめ事務所ランキング

  1. 弁護士・法律事務所・司法書士事務所

    司法書士法人アコード | 東京都 | 特徴・評判

    2020.10.30

  2. 弁護士・法律事務所・司法書士事務所

    東郷法律事務所 | 東京都 | 特徴・評判

    2020.10.29

  3. 弁護士・法律事務所・司法書士事務所

    司法書士小笠原りえ事務所 | 東京都 | 特徴・評判

    2020.10.28

  4. 弁護士・法律事務所・司法書士事務所

    町田法律事務所 | 東京都 | 特徴・評判

    2020.10.27

  5. 弁護士・法律事務所・司法書士事務所

    五街道法律事務所 | 東京都 | 特徴・評判

    2020.10.27

  1. 債務整理の面談・面接

    法テラスを使わず、まとまったお金が無くても債務整理(任意整理)…

    2020.10.10

  2. エムテーケー債権管理回収株式会社

    エムテーケー債権管理回収株式会社からのメールや郵便は要注意!!督…

    2020.04.06

  3. 日本債権回収株式会社

    日本債権回収株式会社からのメールや郵便は要注意!!督促を止める2つ…

    2020.04.03

  4. ブラックリストとは

    ブラックリストとは?正しく理解すれば心配無用

    2020.02.20

  5. 任意整理NG

    弁護士・司法書士が任意整理を引き受けないケースとは?

    2020.02.18